サブページメイン画像

2022年8月の取り組み 8/30更新!

 8/28 名阪レベルアップ練習会

終了時、ようやく写真の様な青空になりました。
練習中は曇り  長いコース設定だったので丁度いい天気でした。
本数より 距離  そして重要なのはブレーキ で設定
練習になったでしょうか。
次回 は9月18日募集中です。

 サンライトイエローのインテ リメイク中

カーペットの下は衝撃的な状況 錆の部分は切継ぎですが 原因の雨漏れをキッチリ補修しておかないと 見えない部分のメンテナンス 大切です。

 床 ついた

運転席足元が抜ける  あり得ない 
サンライトイエローのインテついにフロアが付きました。
各部の錆、落とし
てます。

原因のフロントガラス上部のパネルの接合部の補修と  
フロントガラス下部の錆の部分
インテの弱点のひとつ
 
塗装を剥ぐと錆びて酷い場合は穴に
しっかり補修する必要があります

 サンライトイエロー フロア 塗装前

ようやく床らしくなり、サフェーサーの下塗りをしました。
次はサンライトイエローを塗装
新車? の様な写真をお見せ出来るでしょう!

 サンライトイエロー 色付き

綺麗なフロアになりました。
カーペットで見えなくなりますが、すっきりです。

 最近 流行り  軽トラを楽しむ

車高を上げる  下げる  キャンピングカーにする
レジャービークルとして荷物を乗せて遊びに行く
現在1番、幅広い用途に適合する車としての 
軽トラ 注目ですね

今回の仕事は、サーキット走行用のLSD取付

まずは 駆動力を上げる を目標に作業してます。

速く走らせるには何が必要か とついつい 考えてしまう
荷物を運ぶにはリーフスプリングだけど

ワンランク上の走りをと考えると
リヤはAE86のような4リンクで製作 コイルスプリングに変更 
フロントは ロアアーム延長とテンションロッド変更 追加・・・
と頭の中では、勝手に妄想してしまいます。

 AE 86 修理 入庫

これまた 昭和の車の修理です。 
この時代の国産車は部品がない(外車はある)
部品が無いを前提に どの部分の何がダメなのかを追求


今回は、オイル漏れ入庫
どの部分か  

ディストリビューター キャップの取付からの漏れ
ディストリビューターのキャップ この部分には、オイルが来ない構造

今のところ、点火には異常なし
取外し、分解してみる 

この時点でオイルシールが悪いのは想像が付いている

ベアリングの状態・シャフトの状態を確認する為、分解
あとはシールの寸法を測定 20×10×7 のシールを探す
使用温度0度から130度位 
すぐ手に入るのが3個 どれも500円以下  
温度の適合は不明
さあ どうする?
この場合、順番にテストする が答え
まずは1個取付 1ヶ月か1000km走行で確認する
流れとなります

 満員御礼 8/22 暫定 コース図

先着35台ご参加ありがとうございます。 暫定のコース図  多少の修正が発生すると思いますが、イメージトレーニング始めて下さい。 スラローム間隔は徐々に狭くと徐々に広くと最終ターンは規制付きになると思います。

 いいね この車

このヘッドライトV6エンジン
何か解るかな
今日の車検です。
4人乗りスーパースポーツそれもMT


時代の流れ NSX Z に対抗して作ったのかな
MTなので日本 ATだとアメリカ向け
このメーカーの 元気だった頃
このようなクルマもう出てこないのできっちり直して走り回ってもらおう。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0748-88-6052
で受け付けております。
※必ず「ホームページを見た」とお伝えください。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。
>> お問合せフォームはこちら

カートに
入れる
気になる