画像

ギアオイル

 ギヤオイル価格表

 ミッションオイル交換

MT(マニュアルトランスミッション)ギアオイル交換
通常 1.5万㎞または12ヶ月毎に交換 LSD付き車スポーツ走行の場合はエンジンオイル同時期に交換がベスト!
油温度が劣化に影響有り


MTはエンジンからの回転を適正な回転に減速させ、エンジンの動力をタイヤに伝えるための重要なものです。ミッションケース内には1速~5速(車種によっては6速)ファイナルなどのギア、ベアリングなどその他いろいろと、意外と数多くの機械部品で構成されています。これらもまたオイルによってスムーズに動くことができます。エンジン同様、オイルを汚れたまま使用していると、故障や破損の原因につながってしまします。

 デファレンシャルオイル交換

1.5万㎞または12ヶ月毎に交換
油温次第で早めの交換が必要 エンジンオイルと同時も有。


通称デフと呼ばれています。デフはステアリングを切ったり、滑りやすい路面などでのタイヤの回転差を吸収してくれるもので、ギアやベアリングが使われています。これらもまたオイルによってスムーズに動くことができます。エンジン同様、オイルを汚れたまま使用していると、故障や破損の原因につながってしまします。

ギヤオイルは万能ではありません。
使い方、組み方によりベストなものが変わります。
多く種類をそろえ ベストな選択 を心がけております。

 LLC交換

24ヶ月毎に交換  (SLLC は 初回16万k2回目から8万k)

LLC(ロングライフクーラント)とはエンジンの冷却はもちろん、冬場の凍結防止の不凍液で、防錆、沸点を高めるなどの役割があります。LLCが劣化してしまうとこれらの性能も低下してしまいます。
最悪の場合オーバーヒートでエンジンが破損してしまいます。定期的に交換しましょう。
超高性能クーラント、冷却能力大、内部汚れ除去、2年交換

・冷却系洗浄作業 ¥5200(¥5,720-税込)

  冷却水を抜く ラジェーター 、エンジン、ヒーター 、配管内 水で内部清掃
  完全に水を抜く 車種により冷却水量は違いますが 約7L前後の場合が多い
  C72を注入 エア抜きを完全にする

  >>C72の参考ホームページはこちら

 ブレーキフルード・クラッチフルード交換

・12ヶ月毎に交換
レーキ、クラッチフルードはブレーキ、クラッチペダルへの踏力をフルードからブレーキへと伝える、油圧システムの作動油です。長く使用していると、フルードは汚れて劣化していきます。劣化するとフルードの沸点が下がり、沸騰して気泡ができブレーキが効かなくなるベーパーロック現象が起きる可能性があります。「止まる」という事は重要です。定期的に交換しましょう。


MOTUL DOT5.1  0.5ボトル
DOT5.1規格なので市販車も安心のロングライフしかもドライ270度ウェット185度また低粘度でブレーキレスポンスも充分
>>商品説明はこちら

Winmax dot 5.1  1L缶
DOT5.1規格 ドライ288度ウェット188度の高性能で安価
>>商品説明はこちら

その他
パワーステアリングフルード交換 4輪アライメント 足回り、ブッシュ交換
オーディオ、スピーカー、ナビ、ETC取り付け タイヤ、ホイール交換(スタッドレス)


 ■ガラスコーティング  AQULY 
グレードアップしました。

基本施工料金
              (税込) 新車50%off
軽自動車         ¥44,000  ¥22,000
軽自動車 タントスペーシア  ¥55,000  ¥27,500
小型車 シエンタ、フィット    ¥55,000  ¥27,500
中型車 プリウス     ¥66,000  ¥33,000
大型 SUV        ¥77,000  ¥38,500
大型 ワゴン       ¥93,500  ¥46,750
※塗装表面の状態により 研磨作業 鉄粉取りが必要です。
お見積りさせて頂きます。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0748-88-6052
で受け付けております。
※必ず「ホームページを見た」とお伝えください。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。
>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

カートに
入れる
気になる