カテゴリー別アーカイブ: re.make

「リ・メイク」作業 紹介

リメイク 作業 紹介

033

IMG_2348

最近 完成した車両

☆ インテ ノーマルRが良い

 インテ スポーツ走行を始めたい

 シビック この雰囲気

☆ インテ 4スロ

☆ インテ グラベルデビュー

☆ インテ ジムカーナからストリート

☆ インテ ストリート

現在進行中

アルトワークス 軽量 

インテグラ96 タイミングベルト切れ・・

古くても新しい いいでしょ。

 

 

古くても新しい いいでしょう。

最近聞きました。

初期ロードスターの部品がこの秋から再販されるらしい

マツダの素晴らしい発表

029

この車 最近 ホイールが出来あがり

仕上がった ロードスターです。

部品がなくたいへん時間が掛かりました。

こんな状態 腐食部分は切り継ぎで

IMG_0130

箱作りからやり直しです。

見かけ倒し にはしたくないので

IMG_0129

クルマにとって 走りは重要

良い走りの出来るボディに 復活させるには

やはり補強が必要です。

使い方に合った強度が重要です。

IMG_0181

もうひとつ 重要な錆び対策も

021

見える部分は これ 雰囲気作りにかかせません

IMG_0840

エンジン内部が錆び 使わない期間がながいと出ます。

新品の感じで 仕上げ

019

サスペンションはやはり時代を感じる部分 ですね

プレスのロアアーム スチールのメンバー この辺

この部分は最近の車には負けるな

でも W ウイッシュボーン

018

エンジン130PS でも充分な感じ

006

そろそろ オープンで走りたい

009

 

G6ファインアートには 競技仕様でない車が参戦

する為のクラス セカンドカークラスが特設されています。

趣味の車でたまには ジムカーナに参戦

ぜひ 音 雰囲気 を楽しませてください。

急がず 完璧を目指しています。

急がず 完璧を目指しています。

今週からシーズンINですが

まだボディ補強中 くたびれたボディのリメイクです。

インテグラも20年 H8モデルの競技車 さすがにくたびれてきてます。

IMG_1643

パネルとパネルのつなぎはスポット溶接でつながっていますが

走行中パネルには常にねじれ曲がりの応力が掛かっていて

それにより パネルの接続が浮いてきます。

そうなると タイヤ サスペンションからの入力ををボディが支えられなく

結局ドライバーが思い通りのコントロールが出来なくなります。

IMG_1657

パネルを付ける作業をしてスポーツ走行出来るボディに

復活 させます。 しかし この様な作業は錆びが対策が

必要で 錆びを取り 薬品で処理をした上に

サフェーサーを塗付してシール材で処理後塗装する事になります。

そして 後10年 20年と楽しめる 車になります。

「競技車リメイク中」

残念 買った車が・・・・

残念 買った車が・・・

事故車だったら パフォーマンスが悪かったら

気付かないで乗っている場合も

スポーツカーの場合だと 性能もやはり 重要 新車レベルでないと

でも 乗っても 解らない場合がほとんど

不安な方 どうぞ ご相談ください。

IMG_0280 IMG_0793

本日 完成のインテR も フレーム修正して

ストリート用リメイク です。

>>>修理の経過 写真  <<<<

あと10年 乗って頂きたい・・・・

ところで 5月8日G6 名阪C

募集締め切り 5月1日まで あと3日

現在 75台 の参戦 です。

EK9 こんな感じ

EK9こんな感じ になりました。

慣らし(確認)運転 で例のルートを走行

2500~3000RPMキープで峠走行 トルクあり!

排気音少しデカイか・・・・車内静か

平坦路 50km/h一定 少し 路面凹凸少し拾う

下り コーナー 連続

ブレーキ掛ける

フロントサスペンションが縮む リヤサスが縮む

この踏ん張り さすがEK 安定してます。

IMG_0699

 

きっと 6000RPMからレブまでは いっき

慣らしが終わってから 確認していただく事にして

 

「良いシビックが乗りたい」 の連絡を頂き

ベースのEK探しから 1年かかりました。

リメイク 「街乗りメインでスポーツ走行も仕様」

基本ノーマルですが ・・・

近くのドライブコース またサーキット走行では

本領発揮 するでしょう

キッチリ組めば こんなに良くなる

最近の車ではぜったい味わえない良さがあります。

 

 

 

「苦しそう」でしょうか 真空パック

「苦しそう」でしょうか 真空パック

インジェクターがとても苦しそうに戻ってきました。

乾燥剤も入って 完全 冬眠状態です。

042

こうすれば 腐食もカビもなく長期保存も可能

 

エンジンを分解して燃焼室 ピストン頭部の汚れに差がある場合

例えば4気筒のエンジンで1気筒だけカーボンが多いとか少ない

といった状態の時

念のため インジェクターの洗浄を依頼して

噴射量の測定と噴霧形状を簡易テストします。

4本 がほぼ同じ状態ならOK ですが

揃っていない場合は交換です。

パワーにもエコにもとても 影響 する部分です。

 

「見えない部分の説明」

「見えない部分の説明」

見えない部分

女性の素顔とか

最近ではマンションのくい打ちの不正のとか

期待と不安の部分

車も塗装の下は?どうでしょう

(画像を拡大して見ていただけると)

エンジンルームから見た右フロントフレーム

IMG_0394

接続部分のシール材を外すと錆が 室内には雨もれが

IMG_0481

錆取り 補強 溶接 そして POR(黒い部分)塗装

IMG_0542

溶接部分を磨き サフェーサー塗装

IMG_0559

シール材を塗る様に 隙間に 充填

IMG_0567

塗装 して 「補強」出来あがり

IMG_0607

あと10年 サーキットで使えます。